ミニは永遠!

『ミニ=ミニ・クーパー』と思っている人は結構多いと思います。しかしそれは誤りです。

ミニは、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)の名匠A.イシゴニス氏が設計し、小型車の革命児と言われたFFの元祖のモデルでした。そのデビューは’59年で、モーリス・ミニ・マイナー/オースティン・セブンという名称の双子車として登場しました。

その特徴は、2ボックススタイルの短いノーズに横置きしたエンジンで前輪を駆動、10インチの小径ホイールを四隅に追いやることにより、3m強の全長にも拘わらず、驚くほど広い車室スペースを生み出していることでした。

MINIは長年大分のオーナーズクラブの代表をしていたので思い入れひとしおです。3台乗り継ぎ楽しかったですね。

ミニは本当に良いクルマでした。また、友人もたくさんできたクルマでした。仲間とはいまだに交流がありますし、会うと『会長!!~』って言われるくらいです。(笑)

【車査定】相場の調べ方&車査定額を数10万円上げる方法

私の乗ったミニは1982年式1000HL(日英自動車)、1973年式1275クーパーSMkⅢ(並行)、1976年式BL1000MkⅢ(キャピタル自動車)。仲間とツーリングに行ったり遊びました。

世界中のミニファンに愛されたクルマも時代と供に名前のみ残りましたがオリジナルミニは永遠に不滅だと思います。