懐かしくて新しいカタチ ホンダ・N-ONE

一番最初に見たとき、これはどうしても望ましい軽四だと思った。理由は斬新なデザインなのに何処か思い出深い感じがして、ドライバーの生まれた年代そうして男性ですか女性ですかを問わずみんなに愛されるようなデザインをしているからです。また、標準グレードも安全装備が充実していてホンダのこういう軽四にかける熱い気持ちを感じることもできた。

それとN-ONEにはツアラーという名のグレードが用意されていて、トヨタはJZX100チェイサー等の「ツアラーV」が好きだった人ならこういうツアラーの名を持つ車に興味津々だとおもう。私もその自ら、ちょい言葉は乱暴であるが但し有難い意味で「軽四の癖に」としてしまった。因みにツアラーはターボ車を指すので当然のように値段はおっきいし燃費もノーマルタイプに対して若干落ちるが、坂道走行や高速走行を頻繁に増やす人ならツアラーを選ぶ価値はあると想う。やはり走りを楽しみたい人なら誰でもツアラーを選ぶは想うが。

購入している人の声を聞くと室内が細長いという批判的部分はあり、現に細長いのは何とかと私もおもうが、こういうN-ONEについてだけは目をつぶってほしいという私は言いたい。世界中を探したって100満点の車なんてありえないし、現況N-ONEは必ずしも小さくないからです。評価ポイントが千差万別だから手厳しい意見もあるというけれど、レトロなデザインといった安全装備そうしてツアラーの存在を考えたらN-ONEは久しぶりに大当たりの車じゃないかなといった私は想う。車売るなら