ほしい車という便利な車

男の子供にロボットの玩具って人形を選ばせた場合、ロボットを選ぶ事が多いそうです。
見た目が逞しい機械に、本能的に惹かれるのかもしれません。
ですからか私も、ゴツくて大きなアメリカ産の車に、デザイン面で惹かれます。

日本車のデザインが好きじゃないのもあって、アメリカ車が欲しい気持ちはあるんですけどねえ。
とにかく日本は大きくない道が多いですし、私がいる所の駐車スペースも細長いので、現に買ったら不便極まりないのは目に見えてます。

というか、アメリカ車の見た目は日本車によって上だと個人的に思いますが、逆に言うと見た目以外は普通に日本車のほうがいいんですよね。
私が今乗ってる車を基準に考えても、燃費がよろしい、メンテナンスも容易、修理もし易い、そもそも修理が必要になりづらい。
ぱっぱと考えただけでこれだけ憧れ浮かびます。
メンテナンスという修理のしやすさは、世界共通ではなく生産国だからって理由ですけど。

日頃扱うのに便利なのは日本車で、見た目が好きなのはアメリカ車で、今ほしい車もアメリカ車なのは確実んですけどね。
車は見た目だけで買えるものでもないですし、今持ってる車をもちましてに新しくアメリカ車を貰うっていうのは、金銭的にも駐車スペース的にも無理があります。
ガワだけアメリカ車で、中身は日本車な車がほしいんですが、そういうのどの会社も作って受け取る気しませんし。
諦めて今の車で満足しておくしか無いんですよね。ミニバンランキング|2016年人気のミニバンを比較!