次期デミオについて

ジュネーブのモーターショーで公表されていたマツダのコンセプトカー、HAZUMIの画像を見た。マツダ伝統の男っぽいデザイン、虫っぽい色は何とかならないものだろうか?と思いながら見ていたけど、どこどなく漂う陰気くささにマツダはこうでないといけないのかもと思い直した。HAZUMIという車は今年発売される予定の新型デミオだそうだ。噂ではコンパクトカーなのにサイズが5ナンバーでは収まらず、もしかすると3ナンバーになる可能性もあるとのこと。もしそれが本当ならVWのゴルフのように「大きなコンパクトカー」になりそうだ。ちなみに新型デミオがゴルフのような車幅の広いサイズになってくると、立体駐車場等の狭いところでは車庫入れが難しくなるのは目に見えている。デザイン、大きさを含めて考えると、女性が率先して買いたがるような車ではなくなるので、男性あるいは海外市場をターゲットにするのだろう。すべて想像の話だけれども。マツダ車のデザインは昔に比べて少しずつ良くなってきているとはいえ、例えばファミリアやカペラを売っていた時代に比べて良くなってきているとはいえ、1回ウケると、後々に発売する車はどれも同じようなデザインにするのが残念である。次期デミオもそうだけど、もう少し色々なデザイン、特に女性向けのデザインをした車を増やしても良さそうな気がする。その意味では現行のデミオは男性でも女性でも買うことができる車で良かったのかなと思ったり。それにしてもHAZUMI、フロントのデザインだけ見ると恐そうだな…。

SUVランキング|人気の国産&外車~燃費比較・新車の値引き情報